なぜ今、オンライン英会話がベストの選択なのか?

英会話のグループレッスンと比較し、オンライン英会話の"現在"をお話します!

2020年に向け英語を話すチカラをつけるには?

英会話

みなさん、こんにちは!代表の本田です。

現在、2020年の学習指導要領の改正で英語が小学校で教科化されるなど、実際に英語が話せるチカラが求められています。

日本国内で、少子高齢化が進展すれば国内のマーケットが縮小しますから、海外市場を視野に入れた企業活動は焦眉の急となって参ります。従来の英文法や英文解釈の学習だけでは英語を自由に使いこなすことは不可能であることは、明らかですから今後、話せる能力が求められることは明らかです。

 

英語

英語の学習理論については東京大学教育学部の仲間達と長年共同研究して参りましたので後日、じっくりとコラムに書かせて頂きますが、現時点の日本国内で、インターナショナルスクールなどの特別な環境が与えられない場合、小学校低学年から英会話を学び、2〜3年である程度話せるようになってから中学年位から文法を少しずつ導入することがベストです。理屈は後日書かせて頂きます。

このような情報を目にすると、学校教育でも外国人講師が入ってきたから安心だ、と考えたり、アメリカ人のいる英会話教室に入れなきゃ!と考える方もいらっしゃるでしょうが、ちょっと待って下さい。

学校にアメリカ人講師が入っても週に数回、30人前後にクラスで指導して果たして生徒が英語を話せると思いますか?

発表

クラスメイトが見ている前でシャイな我が子が堂々と英語の話せると思いますか?それこそ、周りの空気を読み、無難にやるのが日本人ですから、他人を押しのけ、自分の発話量をしっかり確保できる子どもがどれ位いるでしょうか?同じように1人の先生が4人位を指導する英会話教室で、週に1時間のレッスンで発話量が確保できるでしょうか?生徒が4人いれば、75パーセントは日本人の生徒の発話を聞いていなければいけない時間となります。未熟な生徒の英語ですから、発音もアクセントもデタラメです。アメリカ人の英語を聞いている時間より、不正確極まりない生徒の発話を聞いている時間が長い訳ですから、せっかくのアメリカ人講師の存在意義も激減です。英会話のイー○ンで長年講師を務めたバイリンガルの方によれば、何年も在籍している生徒が全く英語が話せるようにならない、というのはありふれた話だそうです。そもそも英語が話せるようになるためには発話量を確保するしかないのです。話さない限りは話せるようにならない、当たり前の真理です。

親子で英会話

聞き流して英語が話せるようになるならスピー○ラーニングが何故、

学校教育に採用されないのでしょうか?それは分からない言語を聞き流しているだけでは英語が話せるようになどならないことを文部科学省がよく知ったいるからです。

発話量を確保するには外国人相手にマンツーマンで英会話のレッスンをするのがベストです。

しかし、アメリカ人講師を確保することは難しいし、人件費が高騰しており、マンツーマンレッスンは今や一コマ10000円近い料金でもおかしくありません。コストが上がれば仮に頑張ってマンツーマンレッスンを受講出来たとしても週に1回やるのが関の山ですから、それでは勉強量が少な過ぎて効果がほとんどありません。週に3回は英会話しなければ確実な効果は望めません。

どんなに少なくても週に2回は必要です。

 

そこで費用の抑えたオンライン英会話の出番となります。

グループレッスンを週に1回受けるコストで、週に2回〜3回の個別指導(マンツーマンレッスン)を受講出来る環境を導入しました。

個別指導(マンツーマンレッスン)ならば他人の目は気にならないし明るいフィリピン人の先生が発話したくなる空気を作り出してくれます。

コールセンター

フィリピン人講師、と書くと古い情報しか知らない方もだと、訛りが酷い、とか思われるでしょうが、

私達が業務を委託する先生達は大学教育を受け、合格率3パーセント以下の厳しい選考を経て3ヶ月以上の研修を修了した先生のみですから、

 訛りが気になることはありません。むしろ、グループレッスンで日本人の生徒が話す場合に垂れ流されるアクセントも発音もデタラメな英語を強制的に聞かされることを考えれば

訛りがあったとしても個別指導の方が遥かに優れています。またアメリカ人の訛りの方が酷い場合もあり、テキサス辺りの訛りは西海岸の綺麗な英語しか聞いたことのない方なら全く聞き取れないかもしれない程強い訛りなんですよ。

私達の先生達がいるフィリピンのセブにはアメリカ企業のコールセンターの約半分が置かれているそうです。

アメリカ人はコールセンターに電話をして普通にコミュニケーションをはかっています。訛りが酷いならセブにこれ程コールセンターが集中することはあり得ませんね。

キッズスター★イングリッシュでは初めての方でもレッスンが受けられるようにサポートします。ある程度話せるようになったら国連英検ジュニアや英検ジュニア、さらには英検、TOEICといった上位資格に繋げていくことも視野に入れていくことも可能です

英語が話せると楽しいですよ!英語を話す環境だとシャイな私も何故か積極的に話せるんですよね。不思議なものです。

ま、そんな感じで今日はこの辺で終わります。