大人が英会話を学ぶ際の心構えとは?

子どものレッスンを隣でみていて自分も英会話を学びたい!そう思った保護者様のための英会話「eigo」もございます

子どもと大人で学び方は違う!大人が英会話を学ぶ際の心構えとは?

東京オンライン英会話

大人が学ぶ英語について書いてみます。大人になると子どものように自然と英語が身につくというのはかなり難しいですね。脳が完成されたから、だとか色々な説明がありますが、日本で生活する以上、圧倒的大多数の時間、日本語にさらされますし、既に高度な日本語の語彙で思考するわけですから、急に英語で考えるんだよ、と言われても無理だし、英語漬けの環境を作るのも難しいです。

弊社のバイリンガルのマネジャーですら、ずっと日本にいると英語がなかなか出てこなくなる、なんて言ってますから、普通の生活をしている日本人が英語ペラペラになるのは、難しいです。詐欺商材を売るためなら、これを使えばペラペラ…とか⚪️⚪️するだけで英語が突然出てくる!なんて言うのでしょうが、私達、 プロの教育者は詐欺商材は売るべきでない、と思いますし、⚪️⚪️するだけ、なんて安直な方法があれば話せるようになってから

リーディングとかやれば大学受験で英語で苦労する人もいなくなるはずです。

わからない

昔と異なり、やたら難しい英文解釈の問題だとか重箱の隅をつつくような文法問題は減っていますから話せる方が勉強すれば大学受験の英語だって楽勝のはずです。

でも、現実は違います。高校生は英語に苦労していますし、会話を学んだ方がペラペラになったケースも少ない。では、諦めるべきか?と言えば、そうではありません。

逆にハッキリと、違います!話せるようになります!と言えます。ただし、方向性を間違えないことと、相応の努力と時間は必要だ、とも言わなければなりません。

大人

先ず、大人が英語を学ぶ場合、どのレベルを目指すのか、を考える必要があります。子どもの場合は、日本語ですら、さほど高いレベルの会話をするわけではありませんから、英語のレベルが日本語のレベルに追いつくのはかなり早くいったん、自分の日本語レベルに英語が追いついてしまえば、学習を続けながらレベルアップしていけばよく、また、時間をかけた取り組みが可能ですから、学習を続けることでどこまでも英語が堪能になります。反対に大人の場合、日本語レベルが高いため、自分の日本語レベルに英語が追いつくことをいきなり目指そうと考えるとは無茶です。私自身、英語が出来るようになるイコールネイティヴのように英語が出来るを目指したことがあり、目標と現実のギャップに絶望的な気分になり、かえって英語から離れてしまった時期がありました。大人の場合、段階を追ってレベルアップを目指すと割りきらなければ、いつまでたってもペラペラにならないと諦めてしまうことになる危険があります。

会話

最初は、簡単な会話のキャッチボールが出来、実際に使うシチュエーションで自分の意思が伝えられる、そんなレベルを目指しましょう。次の段階ではシチュエーションを拡大し、日常生活が送れるレベルを目指しましょう。更には特定のテーマに関して深く話せるようになりたいですね。ここまでくると深い話をするために色々な表現ができるために文法や構文が必要になります。よく、英語を話すのには文法や構文は不要だ、と言う人がいますが、最初のレベルならば表現をある程度覚えることでクリア出来ます。しかし、高度な話が出来るためには文法や構文、そしてテーマに関する知識や語彙が必要になります。決して、文法や構文が不要なのではありません。初学者が日常の会話のキャッチボールも覚束ないのに文法や構文を振り回すことが批判されているだけなんです。先ずは簡単な会話のキャッチボールが出来ることが先決で、そこをやり込むことでステージが上がるのです。大事なのは最初のステージでどれ位みっちりと練習をやり込めるか、なんです。話す力もつくし、聞く力もつきます。大事なのは回数です。

オンライン

だから、私達のようなオンラインレッスンが良いのです。毎日のように会話のレッスンをすれば必ず上達しますし、言葉を学ぶ場合は、数学のように一直線には伸びません。子どもが同じ絵本を繰り返し親に読ませたがるように同じものを何度も聞き、同じことを何度も発声し、繰り返し繰り返しやる。
これが大切なんです。子どものレッスンで親御様が、もっとテキストを進ませたい、と仰ることがあります。進むことも良いことですが、繰り返し同じことをやることは語学の上達にはさらに有効です。
語学は焦らず、じっくり繰り返すこと。なるべく毎日、会話をすること。これが一番です。段階を追ってレベルアップを目指すべきなのです!

リスニング

私が英語を学ぶ際に一番苦労した(している)のはリスニング面です。初歩的な挨拶や、簡単な日常会話が出来ると買い物や食事、旅行をすることに不自由しません。しかし、私のように海外でビジネスをするなんてことになると、その程度では厳しくなります。

例えば、不動産屋にアポを入れ、オフィスを見せて下さい、とお願いすれば、どういう意図で使用するのか?間取りはどの程度必要か?など、此方の条件を説明する必要がでてきます。ある程度は事前に準備出来ますから言いたいことは言えますが、こちらが上手に説明すれば相手は英語が通じると考え、色々な質問を返してきたり、早口になったりします。

初めて、本格的な交渉をした時は正直、言われていることの半分位しか分かりませんでした。ビジネスでなくても深い話をすれば、色々な意見や話題がでますから、トピックに関する語彙は最低限必要です。

単語

知らない単語は聞き取れない。当たり前ですが、これだけやれば聞き取れる系の教材で学んでも、聞き取れるようにならないのは第一に語彙が足りないという問題があります。さらに、会話は流れですから、テキストを聞くだけでは不十分です。流れの中で判断する練習こそが必要な能力を高めますから、相手とはなさなければ上達は遠いです。つまり、インプットとアウトプットの両方が必要です。大人だけではありません。子どもだって、さらに上達するためには語彙を増やす努力、実践の会話は必要不可欠です。

eigo

ですから、キッズスターでは、インプット教材を開発しました。インプット+アウトプットで日常の練習を完成します。さらにイベントでスピーチをやったり、遊びの中で学ぶことで英語はさらに飛躍的に上達します。これを私達が運営している一般向けのオンラインスクールeigoにも適用します!eigoにもインプット教材を作り、イベントをやります。少人数でネイティヴとお茶したり、お話したり…。テーマを決めて少し深い話が出来るようにもしたいですね。またまた脱線しましたが、私も受けたいレッスンを作ります!だって私も60回コースの受講生で、毎月月謝払ってますから(笑)。

より良いスクールになるよう頑張ります!

eigo

料金

※クリックでPC用のサイトが開きます